私の借金生活は甘さが招いたものでした

簡単に狂った返済の歯車

コリドーにて演奏私の借金生活に陥った理由は、全て、計画性のない自分、自分に甘かったことが原因です。
まず、最初にキャッシングをした時から、歯車が狂いました。社会人2年目の時に一ヶ月に4回も結婚式に二次会にとあったのです。ご祝儀だけで12万円、二次会費用だけで3万円、ワンピースにヘアセットにと5万円、交通費などもあり、結婚式だけで23万円ほどかかりました。そのため、一ヶ月の私の手取りよりもお金がかかり、次の月がボーナスだったので、何とかなるかなと思い、消費者金融にお世話になることになりました。

30日間無利息は甘い罠

初めて利用の方は、30日間無利息と言うキャンペーンがあったので、それを利用することにしました。
ところがこの時はボーナスが入り、すぐにお金を返すことができました。
この時の印象と、キャッシングの審査も簡単でコンビニのATMでお金を借りたり、返したりできる手軽さが仇となってしまいました。
もう、二度と利用しないと心に誓ったのに、海外旅行にエステや彼の誕生日プレゼントを奮発したり、彼に貢いでしまったりとお金に困ったらキャッシングに頼ることばかりしていました。
そのため、気づいたら借金が80万円あることが分かり、顔が真っ青になりました。

親に借金の肩代わりを頼みました

少しでもお金を返すために、インターネット関係でお金を儲けることをしましたが、稼げても月2万円ほどだったのでなかなか借金が減ることなく困りに困って、親に泣きつきました。毎月返済することでお金を借りて無利息で月々返済することにして、キャッシング会社のカードを処分しました。
また、クレジットカードの上限額も引き下げて、カードキャッシングもできないようにしました。一から出直す気持ちでコツコツお金を貯めることを心がけることにし、日々慎ましく生活するようにしました。
そして彼に貢ぐことをやめたら、そのとたん、逃げられてしまったのでそれだけの関係だったのです。
諦めました。
新しい出会いがあった時に、困らないよう、もうこれからはキャッシングなどに手をつけないようにしたいと思います。