借金を上手に管理するための家計管理法

返済のための素晴らしい家計管理法

借金をしてお困りの皆さん、いまある債務を上手に管理、返済していくための家計の管理法があります。
この方法は、給料日から始まる家計簿をつけることで簡単に実行できます。
給料日からのお金の流れを、投資、浪費、消費に分けて書き込む欄をつけたノートに書き込んでいき、その日に使ったお金が投資なのか、それとも浪費なのか、消費なのかじっくりと考えていきます。
考えるペースは一週間に一度程度が最適です。あまり間を開けてしまいますと考えるのが面倒になってしまうからです。

支出を考えて把握することで返済はスムーズになる

この家計を管理するノートをつけるときに消費として分類される支出は、食費や光熱費、家賃、通信費など、生活にどうしても欠かせない支出です。
そして浪費は、生活に不可欠ではなく、趣味などを楽しむための支出です。ギャンブルやタバコ、酒などの購入がこれにあたります。
投資は、生活には必要ではないものの、将来自分に利益をもたらす支出です。資格を取得するための参考書の購入代金や外貨投資などがこれにあたります。
消費、投資、浪費に分けて自分の支出を考えることは、家計を上手に管理していくいうえで重要です。
特に浪費は最も注意深く監視し、できる限り抑えるようにしていきますと、家計を管理しやすくなります。

投資と浪費は似て異なることに注意しましょう

また、投資も浪費の次によく注意検討すべき支出項目です。投資と名がついていながら、実は浪費になってしまうという支出も時々みられるからです。
女性の場合、自分への投資という名目で極端にエステなどにお金をかけすぎることは避けるとよいでしょう。
このようにして家計の管理を細かく行うようにしますと、趣味や嗜好品、レジャーなどの無駄な支出に無駄にお金をつぎ込むことはなくなり、毎月の収入内で上手く借金の返済ができるようになります。”