クレジットカードのキャッシング枠は借金とみなされる場合がある

クレジットカードのキャッシングシステム

クレジットカードには、キャッシング枠というものが付帯しており、キャッシング枠を使っている使っていないに関わらず、借金としてみなされる場合があります。
クレジットカードの申込時に、必ずキャッシング枠を記入しなければなりません(もちろん0円でもOKです)。

キャッシング枠は複数枚の合計と考えられる

例えば、1枚だけ持っているのであれば、そんなに大きな額ではないですので、借金とみなされる可能性は低いです。
しかし、複数枚持っていると、それぞれの枠を合計した結果、かなりの額になってしまうので、高額な借金を抱えていると見なされてしまう恐れがあります。
そうするとどうなってしまうのかといえば、住宅ローンなどのローンが組めなかったり、銀行などからお金を借りることができないなどありとあらゆる場面で不都合が出てきてしまうのです。
そういった場合は、使っていないクレジットカードを解約することによってキャッシング枠を減らすことができ、審査に通過しやすくなる状況を作ることができます。

住宅購入などでマイナスの影響が出ることもある

なぜ使っていないにもかかわらず、借りているものとみなされてしまうのかと言えば、キーワードは「クレジットカードの審査」にあります。
クレジットカードを申し込む際に、キャッシング枠も合わせて申し込んでおり、キャッシングに関する審査も同時に行われています。
つまり、キャッシング枠の中であれば、いつでも自由にお金を借りることができるからです。
たとえ、使っていないにしてもキャッシング枠があるのであれば、いつでも自由にお金を借りることができるので、住宅ローンなどの審査に通過しにくいのです。
住宅ローンなどの審査の際に、個人信用情報機関に信用情報の照会をします。
その時に、複数枚持っていることが発覚してしまえば、こういう事態が起こり得るのです。