よく聞く債務整理とはどういったものなのか

債務整理は債務者に対する究極の救済策

債務整理とは、多くの借金を抱えてしまい苦しい生活を送っている人の救済措置のことです。
単純に債務整理といっても、3つの方法があります。

任意整理

1つ目は、任意整理です。
任意整理というのは、金利をカットし借金の総額を減らす方法です。
任意整理のメリットとしては、第三者に知られることがないという点が挙げられます。
しかし、個人信用情報機関にはブラックリストとして登録されてしまいますので、数年間は新たにクレジットカードやローンを組むことはできません。

個人再生

2つ目の方法は、個人再生というものです。
個人再生は、裁判所に「借金を返せない」ということを認めてもらうことで、借金を返さなくても良くなります。
しかし、名前が官報に載ってしまいますし、ブラックリスト入りしてしまいます。
メリットは、借金を5分の1まで減らすことができ、マイホームや自動車などを手放さなくても良いという点があります。

自己破産

3つ目は、自己破産です。
自己破産と聞くと、何やらすべてが終わりのような感じがしますが、そうではありません。
自己破産手続きを行い、裁判所が認めれば借金の返済義務が一切なくなります。
しかし、マイホームなどは処分されてしまい、官報に名前が載ってしまいます。
さらに、ブラックリスト入りしてしまうので暫くの間は新規でお金を借りたり、ローンを組むことはできません。
当然、クレジットカードも発行できないのです。
ただし、家財道具などというのは、自己破産時に20万円以上の価値がないと処分されませんし、お金に関しても99万円以上ないと処分される対象にはなりませんので、自己破産したからといってすべてを失うわけではありません。
このように、債務整理には様々な方法があるのです。