債務整理の方法及び注意しておくべき点とは

督促状を受け取っても解決できない場合

ピアノのベンチシートお金を借りて返済できなくなると、まず督促の電話が、個人名で一日に数回かかるようになります。それでも入金が確認されない場合には、これも個人名で督促状が送られて来ます。この時点で返済できないような場合は、金融機関に相談をして、返済計画をまず見直すようにしましょう。それでも無理な場合は、債務整理をするのが一番です。

債務整理の二つの大きな手段

やり方としては、債務を分割して一定期間内に返済するか、あるいは債務を帳消しにしてもらうかです。前者の代表が任意整理、後者の代表が自己破産です。いずれも弁護士や司法書士に介入して、受任通知を出してもらいます。この時点で債権者、つまり金融機関からの督促は止まりますので、あとは出来るだけ早く書類を準備して手続きを行います。費用は任意整理で大体25万円、自己破産では30万円ほどです。

自分で裁判所に調停を起こすこともできます

また、この2つ以外にも債務整理の方法はあります。自分で裁判所に申し立てをして、調停委員会で債権者と話し合いをして返済金額を決める特定調停や、一部のローンのみを残して、あとを整理する個人再生が挙げられます。特定調停は経費が抑えられるのがメリットですが、定期的に裁判所に足を運ぶ必要があります。

ブラックリスト入りは避けられない

また、いずれの場合も信用情報にブラックが付きますので、その後5年間から7年間はローンを組むことができませんが、それ以外にこれといったハンディはありません。自己破産の場合は、官報に氏名が掲載されますが、これも自分から言い出さない限り、まず人に知られることはありません。ただ、金融関係や士業の人の場合は、一時的にですが停職になったり、人事異動になることがあります。
それからやはり自己破産関連ですが、一度破産宣告を行うと、その後7年間は破産宣告ができません。また、最初の場合は免責が下りやすいのですが、2度目からは下りにくくなり、全額返済しなければならないこともあります。債務整理というのは借金逃れではなく、生活を再建して、同じ過ちを繰り返さないためのものであることを心がけておくようにしましょう。